ONちゃんの
変化朝顔展    筑波実験植物園 目次
筑波実験植物園 2011.09.07
 
 
 久しぶり筑波を訪ねましたら・・・
ちょうど「変化朝顔展」が開催中でした。

朝顔が咲くのには、9時間以上の暗期が必要です。
夜明け前から咲き始め6時頃に完全に開花します。
特に青系の花はこの時の色が最高で徐々に色が紫に変わりしぼみます。
 
 
 
        変化朝顔の歴史
朝顔は、薬にするため、奈良時代に中国から導入されました。
時代が進むとともに、白や絞りといった色の突然変異があらわれました。
江戸時代になると武士や町人の間でも変りもの探しが始まり、朝顔は多様化したのです。

江戸時代には大きく2回のブームがあり、
そのころに見つかった突然変異の遺伝子がずっと引き継がれています。
今では朝顔といえば大輪咲の朝顔をさすことが多いのですが、
これも江戸時代に見つかった州浜という朝顔から改良されたものです。 (パンフより抜粋) 
 
 
   
   
  変化朝顔の名前

戒名のようなものは、
変化朝顔の名前です。

葉や花の特徴を組み合わせて
名前はできあがっています。
江戸時代嘉永・安政期から続く
命名法です。

長い名前ですね〜〜 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   オリジナル手ぬぐい
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
ONちゃんの   筑波実験植物園 目次