ONちゃんの    花散策と旅
高尾山の花 高尾山 目次

2003.05.11

紅ドウダン
紅ドウダン
フタリシズカ(二人静)

静の亡霊が舞う能の
「二人静」に由来する草。
エビネ(海老根、蝦根)

地下の球根が
連なっている形が
海老の背中に
見えるので”エビネ”。
通称はジエビネともいう。
ミヤコワスレ(都忘れ)
別名:ミヤマヨメナ

順徳天皇が愛した白菊は
ミヤマヨメナだった。
時代が過ぎ色が違う
花変わりをミヤコワスレと呼んだ。
ヒメシャガ(姫射干)

シャガに少し似ていて、小さいので”ヒメ”
しかし、類似点よりも
相違点のほうが多いようです。
シャガ(射干)

シャガをヒオウギと間違え、
ヒオウギの漢名の射干をシャガにつけ、
射干がシャカンと読み、シャガに。
オドリコソウ(踊子草)

開花中のこの花をよく見ると
櫓の上で花笠をかぶった娘たちが
踊っているかのように見える。
ムラサキツリガネツツジ
オダマキ

古くから栽培されている無毛の多年草。
チョウジソウ(丁字草)

”チョウジ”の花に似ていることと
横から見ると”丁”の字に見える。
ヤマブキソウ
コテマリ








2003.5.11
ONちゃんの    花散策と旅   高尾山 目次