ONちゃんの   花散策と旅
山高神代桜


2011.04.13

実相寺の桜   全国名木の子桜 わに塚の桜  慈雲寺のイトザクラ

 
 
 山高神代ザクラ・・・山梨県北杜市 実相寺境内

山高神代ザクラは樹齢2,000年ともいわれるエドヒガンの古木です。
1,922年(大正11年)に桜として初めて国指定の天然記念物となりました。
神話の日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が、東征の折りに植えたと伝えられる古木。
 
 日本三大桜のひとつです。
(山高神代桜:山梨県、根尾谷薄墨桜:岐阜県、三春滝桜:福島県)
   
  日蓮聖人が
この木の衰えを見て
回復を祈ったところ
再生した為
「妙法桜」とも
いわれている。
   
  山高神代ザクラの
隆盛期は
幕末から明治初期と
考えられています。
   
  高さ   10m
根回り 12m
枝張り
東西  17m
南北  13m 
   
   
   
   
   
   
  実相寺には、
神代桜以外にも
淡墨桜、滝桜、久保桜など
日本の名木の
子桜もあります。
 昭和23年には「3年以内に枯死する」と宣告を受け、
再生を目指し樹勢回復工事が行われました。
昭和34年の台風で神代ザクラも主幹が折れるという被害を受けました。
主幹が折れすっかり樹形を変えた神代ザクラですが、
その後も春には花を付け復興を印象付けています。
                          (北杜市教育委員会パンフより抜粋)
 
実相寺の桜   全国名木の子桜   わに塚の桜  慈雲寺のイトザクラ  

ONちゃんの   花散策と旅