ONちゃんの    花散策と旅
広 徳 寺 2011.05.18
臨済宗龍角山広徳寺  あきる野市小和田234 
広徳寺の秋へ.
 
 
 
 広徳寺 総門(市指定文化財)

臨済宗龍角山広徳寺は、応安6年(1373)正応長者の開基で、
鎌倉建長寺70世心源希徹禅師を請うて開山したと伝えられています
 
 山門
東向きに総門・山門・本堂が東西の中心軸上に配置され、
山門と本堂の間の参道を挟んで
北側に鐘楼、南側に経蔵が対置する禅宗伽藍(がらん)で構成されています。
 
大銀杏
本堂と山門の間に見事な大イチョウがあります。
 
大銀杏 
地表から20メートル程のところで大木は途切れてますが、
その上には十数本のヒコバエが天に向かって生えています。
 
 本堂
 
 鐘楼
 
山門
   
  都指定史跡
広徳寺境域
指定:昭和53.3.16) 



総門の奥に
山門が見えます。
  山門 
   
   山門
   
   
   
   
   
   山門と大銀杏
   
   
   
  本堂 
   鐘楼
  鐘楼
   
   シャクヤク
   本堂
   
   
  広徳寺のタラヨウ




東京都指定
天然記念物

幹周り 2.5m
樹高  19.1m
枝張り
東西  14.2m
南北  15.5m
   
   
   
   ウマノアシガタ
 広徳寺の秋へ.  
  ONちゃんの    花散策と旅